2017年5月10日水曜日

テポドンとは その1

 いや、一応ブログタイトルにテポドンなんてつけちゃったもんだから・・・

少しテポドンの話題にも触れておかないとかなと・・・

wikipediaを参照すると


テポドンとは
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が開発した弾道ミサイルで、
準中距離弾道ミサイル (MRBM) と分析されている「テポドン1号」と、
大陸間弾道ミサイル(ICBM)と分析されている「テポドン2号」の2種類がある。
また「銀河2号」をテポドン2号の一種と捉える場合もある

だそうである

と言いつつ、

朝鮮自体が名づけている名称でも、
公表している名称でもなく、
「テポドン」とは、このミサイルが確認された地名の大浦洞からアメリカがつけたコードネームであり、「テポドン1号」は北朝鮮側では”ロケット”として「白頭山1号(ペクトゥサン イルホ)」若しくは「銀河1号(ウンハ イルホ)」と呼称されている。


また、「テポドン2号」の改良型と見られる2009年4月に打ち上げられた”ロケット”は、北朝鮮の公式発表では「銀河2号」と呼称されている


0 件のコメント:

コメントを投稿